ソフトバンクとワイモバイル、1.5GHz帯3Gサービス「ULTRA SPEED」を3月31日で終了

ソフトバンクとワイモバイルは、1.5GHz帯での3Gサービス「ULTRA SPEED」を2017年3月31日(金)午前2時をもって終了しました。4月以降、1.5GHz帯でのLTEサービスが開始される予定です。

サービス終了に伴い、対象の料金プランを契約しているユーサーは自動的に契約解除(解約)となります。これに伴う契約解除料は発生しません。

31日(金)のうちにソフトバンクまたはワイモバイル機種変更取扱店で機種変更すると、契約期間や電話番号・メールアドレス、適用キャンペーン・割引サービスなどは継続されます。機種変更の期限は31日(金)の取扱店閉店時間までです。

「新ウィルコム定額プランGS」のユーザーは、3Gのパケットサービス(ULTRA SPEED)のみ終了します。引き続きPHSサービスは利用できます。

ULTRA SPEED終了に伴い解約を希望する場合は、2017年6月30日(金)までに解約手続きをすると、契約解除料が免除となります。

このほか、最大通信速度の低速化など影響の出る機種を公式サイトで案内し、対象機種向けに機種変更キャンペーンなどを実施しています。

ソフトバンクとワイモバイルは、1.7GHz帯で提供中の3Gサービスについても、2018年1月末にサービスを終了し、翌2月以降、順次LTEサービスを拡大していく予定です。2GHz帯と900MHz帯(プラチナバンド)での3Gサービスは引き続き提供中です。

過去記事 ソフトバンクとワイモバイル、1.5GHz帯3Gサービス「ULTRA SPEED」を2017年3月31日で終了

関連リンク

1.5GHz帯 3Gサービス「ULTRA SPEED」の終了について〈ULTRA SPEED対応機種をご利用のお客さま〉 | 一部3Gサービス(1.5GHz帯/1.7GHz帯)提供終了について | ソフトバンク
1.5GHz帯対応の一部サービス/機種をご利用のお客さま|Y!mobile(ワイモバイル)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。