ヤマダ電機ブランドのMVNOサービス「ヤマダニューモバイル」がサービス開始

U-NEXTとヤマダ電機の合弁会社であるY.U-mobileは、2017年4月1日(土)より、ヤマダ電機ブランドの新たなMVNOサービス「ヤマダニューモバイル」を開始しました。

これまで販売していた「YAMADA SIM powered by U-mobile」は「ヤマダニューモバイル」へとリニューアルします。

「ヤマダニューモバイル(Dコース)」は、NTTドコモのLTEに対応したデータ通信サービスで、料金プランは常時200kpsの「シンプルプラン」と、3.3GB/5.3GB/10.3GB/20.3GB/30.3GBの計6プランです。

ヤマダ電機のポイントが貯まるほか、余ったデータ容量を翌月に繰り越すことができます。

料金プラン 通話SIM データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
シンプルプラン
(常時200kbps)
1,250円 645円 525円
3.3GBプラン 1,600円 1,020円 900円
5.3GBプラン 2,150円 1,570円 1,450円
10.3GBプラン 2,960円 2,380円 2,260円
20.3GBプラン 4,750円 4,170円 4,050円
30.3GBプラン 6,150円 5,520円 5,450円

全プランとも、3日間の速度制限はありません。

3.3GBプラン以上で月間データ容量を使い切った場合、通信速度は200kbpsとなります。

通話機能付きSIMには最低利用期間(12ヶ月)があります。期間内に解約する場合は9,800円の手数料が発生します。

初期費用として、契約事務手数料(3,000円)とSIM発行手数料(394円)が必要です。

今後、繰り越した容量を家族などでシェアできる機能のリリースを予定しています。

関連リンク

ヤマダ ニューモバイル
ヤマダ電機ブランドのMVNOサービス 「ヤマダニューモバイル」を販売開始(※PDFファイル)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。