留守電のテキスト化サービス「スマート留守電」が10言語に対応、Facebook Messengerでの受信も可能に

ソースネクストは、スマートフォンへの留守番電話をテキスト化する「スマート留守電」に新たな機能を追加しました。

新たに2017年4月12日(水)より、これまでの日本語に加え、英語(アメリカ/インド)、スペイン語(スペイン/ラテンアメリカ)、中国語(北京/台湾/広東)、フランス語(カナダ)、ドイツ語、韓国語の10言語に対応しました。

また、留守電の通知をメールに加えFacebookの「Messenger」での受信設定の追加、さらに、留守電応答メッセージをオリジナルにカスタマイズできるようになりました。

「スマート留守電」は、留守番電話のメッセージを自動的にテキスト化し、メールで送信してくれるサービスです。従来のようにサービスセンターに電話して聞く必要がないだけでなく、公共の場所で電話にでることができない場合でも、テキストでメッセージを確認できます。

Android版が月額290円(税抜)、iOS版が月額360円(税込)で利用できます。

160524_smart_rusuden_01

関連リンク

読める、聞ける、新しい留守番電話サービス「スマート留守電(スマ留守)」|ソースネクスト
留守番電話サービス「スマート留守電」英語や中国語などの主要10言語のテキスト化に対応 | ソースネクスト(プレスリリース)

(C)SOURCENEXT CORPORATION

当サイトで紹介したキャンペーンやセールは終了している場合があります。記事の更新日を確認のうえ、詳細については公式サイトや当該サイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。