「OCN モバイル ONE」の開通時間が大幅短縮、ドコモの顧客システムとオンライン連携

NTTコミュニケーション(NTT Com)は、同社のモバイル通信サービス「OCN モバイル ONE」において、NTTドコモの顧客システムとのオンライン連携を完了し、申し込みから利用開始(開通)までにかかる時間を大幅に短縮すると発表しました。

これまで開通センターのオペレーターが手入力していた申し込み情報が、今回のオンライン連携により自動化されます。

これにより、家電量販店などでMNP転入する場合の待ち時間が、従来の最短約30分から最短約10分へと短縮されます(2017年4月下旬より開始予定)。

また、申込者が自宅などで開通手続きができる「らくらくナンバーポータビリティ」についても、現在最大2時間程度かかるものが、2017年7月(予定)より即時開通が可能になります。

関連リンク

OCN モバイル ONE
ニュース 2017年4月20日:NTTドコモの顧客システムとの連携によりMVNOにおけるSIMカード開通などの迅速化と「OCN モバイル ONE」の開通待ち時間の大幅な短縮を実施 | NTT Com

当サイトで紹介したキャンペーンやセールは終了している場合があります。記事の更新日を確認のうえ、詳細については公式サイトや当該サイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。