コヴィアが4.5インチのSIMフリースマホ「FLEAZ Que」を発表、Android 7.0アップデート保証で13,800円

FLEAZ Que

コヴィアは、SIMロックフリースマートフォンのブランド「FLEAZ」の新製品「FLEAZ Que」(フリーズ キュー)を発表し、2017年4月21日(金)より販売を開始しました。

価格は13,800円(税別)ですが、NTTレゾナントが運営する「gooSimseller」(楽天市場店、Yahoo!ショッピング店を含む)では、OCN モバイル ONE(SIMカード)とのセットで9,800円(税別)で販売中です。

「FLEAZ Que」の主な特徴

  • 横幅66.5mmのコンパクトサイズ、4.5インチディスプレイを搭載
  • OSはAndroid 6.0(Android 7.0へのアップデート保証)
  • NTTドコモのFOMAプラスエリア、LTEプラチナバンド対応
  • 電子コンパス・ジャイロセンサー搭載、話題のゲームをARモードで楽しめる
  • 日本版GPSとも言われる準天頂衛星「みちびき」受信(ソフトウェアアップデートで対応)
  • Yahoo地図が対応を始めた屋内測位サービス「IndoorAtlas」に対応
  • Wi-Fi 5GHz帯対応
  • バッテリー容量は2,200mAh(バッテリー取り外し可)

「FLEAZ Que」の主な仕様

FLEAZ Que
型番CP-L45s
本体サイズ132.4mm
66.5mm
10.35mm
(突起部除く)
重量約125g
ディスプレイ4.5インチ IPS液晶
2点タッチ式
ディスプレイ解像度854*480
OSAndroid 6.0
(Android 7.0アップデート保証)
CPUMT6735A クアッドコア
Cortex-A53 1.3GHz×4
内蔵メモリ(RAM)2GB
内蔵ストレージ16GB
メモリーカードmicroSD(SDHC/SDXC対応)
最大128GB
アウトカメラ500万画素
インカメラ500万画素
位置情報測位GPS/GLONASS/A-GPS 対応
準天頂衛星(QZSS)「みちびき」対応
センサーGセンサー(加速度)
近接センサー
環境光センサー
電子コンパス
ジャイロセンサー
無線LANIEEE802.11 a/b/g/n準拠
(2.4GHz/5GHz)
BluetoothBluetooth 4.0
通信形式(LTE)Band1
Band3
Band19
通信形式(3G/W-CDMA)Band1
Band6
通信形式(GSM)850/900/1800/1900MHz
SIMカードスロットmicro SIM×1
外部接続端子micro USB
バッテリー容量2,200mAh(交換可能)
本体カラーブラック

関連リンク

FLEAZ Que | covia(製品情報)

当サイトで紹介したキャンペーンやセールは終了している場合があります。記事の更新日を確認のうえ、詳細については公式サイトや当該サイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。