「OCN モバイル ONE」、トラフィックコントロール装置導入で混雑時の通信速度が最大3倍に改善

NTTコミュニケーションズは同社のMVNOサービス「OCN モバイル ONE」において、2017年5月より、トラフィックコントロール装置を導入することで通信速度の大幅な改善を実現したと発表しました。

昼休みなど通信回線が混雑している場合、データのパケットを効率的に送受信することができず、パケットを何度も再送する状況が発生します。その結果、通信回線全体を流れるパケット量が増加し、効率的な通信が行いにくくなります。

今回同社は、データの送受信タイミングや送受信するデータ量を混雑状況に応じて柔軟に調整するトラフィックコントロール装置を新たに導入しました。これにより、パケットの再送トラフィック量を削減し、より効率的なパケットの送受信を可能にしました。

同社が「OCN モバイル ONE」の商用サービス環境下で検証した結果、昼休みなどの利用混雑時間帯における通信速度を最大3倍に改善しました。また、コンテンツ表示に要する時間(画像やWebサイトなどを読み込む時間)を最大80%短縮する効果を確認しました。

今回の取り組みについては、同社をMVNEとして利用しているMVNO各社にも提供予定とのことです。

関連記事 ビッグローブ、NECのトラフィック制御システム導入により「BIGLOBE SIM」の通信速度が最大2倍に高速化

関連リンク

OCN モバイル ONE
ニュース 2017年5月24日:「OCN モバイル ONE」において、通信が混雑する時間帯の通信速度やコンテンツ表示に要する時間を改善 | NTTコミュニケーションズ

当サイトで紹介したキャンペーンやセールは終了している場合があります。記事の更新日を確認のうえ、詳細については公式サイトや当該サイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。