バッテリー過熱による火災事故が発生した「UPQ Phone A01X」がファームウェア更新、新機種「UPQ Phone A02」は発売見合わせ

UPQ(アップ・キュー)は、バッテリーの加熱により火災事故を起こした同社のAndroidスマートフォン「UPQ Phone A01X」について、2017年5月25日(木)より新ファームウェアの配布を開始しました。

過去記事 「UPQ Phone A01X」でバッテリー過熱・焼損による事故が計4件発生、うち2件は火災などの重大製品事故

火災事故の原因はバッテリーおよび充電制御に原因があったことが特定されたことから、新ファームウェアでは、充電時のバッテリーへの負荷を改善し、緩やかに充電されるように修正されています。

また、「UPQ Phone A01X」購入者を対象に、新型のバッテリーを配布する予定で、詳細は6月中に改めて告知するとのことです。

なお、2016年2月に発表され、現在まで発売延期中だった新型スマートフォン「UPQ Phone A02」は発売見合わせとなりました。

過去記事 アップ・キューがAndroid 6.0搭載スマホ「UPQ Phone A02」を発表、「UPQ Phone A01X」には新色を追加

関連リンク

【お客様へ重要なお願い】「UPQ Phone A01X」充電制御を改善したファームウェアの配布と、更新実施のお願い | 株式会社UPQ(アップ・キュー)

当サイトで紹介したキャンペーンやセールは終了している場合があります。記事の更新日を確認のうえ、詳細については公式サイトや当該サイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。