KDDIがSMSの送信可能文字数を最大70文字から最大670文字へ拡大、au系MVNOも適用

KDDIと沖縄セルラーは、2017年5月26日(金)以降に発売の4G LTE対応のAndroidスマートフォンより、SMS(Cメール)のau宛てにおける送信可能文字数を拡大しました。au回線を利用するMVNO各社でも同様の内容を発表しています。

これまでの全角最大70文字(半角のみ160文字)から、全角最大670文字(半角のみ1,530文字)へと拡大します。NTTドコモやソフトバンクなど国内他社宛、海外宛ては長文での送信はできません。

長文のSMSの受信は、4G LTE対応のAndroidスマートフォン、4G LTEケータイ、iPhone 4S(iOS6.0以上)とiPhone 5以降のiOSスマートフォンで受信可能です(KDDI発表分)。ただし、機種によって分割受信となる場合があります。

国内SMSの送信料は、文字数に応じた料金(従量制)となります。全角70文字以下が3円/通、全角134文字以下が6円/通、全角135文字以上が9円で、以降全角67文字ごとにプラス3円となります。

受信は従来通り無料です。

au回線を利用するmineo、UQ mobile、IIJmio、QTmobileも同日より対応しています。

関連リンク

SMSサービスの送信可能文字数拡大について | KDDI株式会社
mineo Aプランにおけるショートメッセージサービス(SMS)の長文対応について|mineo
UQ mobile SMSにおける送信可能文字数の拡大について
IIJmio:SMS送信可能文字数および送信料変更のお知らせ
AタイプのSMS送信文字数が最大670文字に増加! | QTmobile(QTモバイル)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。