総務省が携帯電話向けに「060」の開放に向けた準備を開始

総務省は、携帯電話向けに「060」で始まる番号を開放するための検討に入りました。

現在は「090」「080」「070」の3種類の番号を携帯電話に割り当てていますが、「090」と「080」はすべて割り当て済みで、「070」も2017年3月末現在で残り2,590万番号しか残っていません。

「060」で始まる番号は固定電話と移動電話の両方で使える「FMC」サービスなどに割り当てられていますが、現在は全く使われていない状態です。

そのため「060」を携帯電話用として利用できるよう省令を改正するための省令案を2017年6月23日(金)付けで公表しました。

7月24日(月)まで意見を募集中で、意見募集結果を踏まえて省令改正が行われる予定です。

「060」が実際に使用されるかどうかは、「070」など現在の利用状況を踏まえて検討するため、開放時期は未定とのことです。

以下、高市早苗総務相の閣議後の会見の文字起こしです(2017年6月27日)。

▼問

時事通信の五十嵐です。よろしくお願いします。携帯の番号なんですけど、携帯電話の番号が不足しているということで、「060」番号を開放する準備に入ったということなんですけれども、現在、今、進捗状況と、必要性の辺りを御説明いただけますでしょうか。

▼答(高市総務相)

現在、「060」で始まる11桁の番号は、制度上、FMCサービス等の専用番号として用途が定められております。しかし、実際の利用は全くなされていない状況にございます。

一方で、「070」「080」「090」で始まる11桁の電話番号は、現在、携帯電話向けとされていますが、未指定の電話番号が残り少なくなっています。

そのため、「060」を将来の携帯電話番号向けに留保すべく、FMC等専用番号を現行の「060」番号帯から「0600」番号帯に移行するための省令改正案を、今月23日、情報通信行政・郵政行政審議会に諮問したということでございます。

なお、今般の省令改正案ですが、FMC等専用番号を移行させることとしており、移行後の「060」番号帯については用途を定めておりません。

今後「060」を携帯電話向けに開放するかどうかにつきましては、「070」など、現在の携帯電話番号の利用状況も踏まえながら検討する必要がございますので、実際の開放時期については、今の時点では未定でございます。

高市総務大臣閣議後記者会見の概要より)

携帯電話番号は解約後に一定期間をあけて再利用されるため、「090」や「080」が「古い」というわけではありません。

関連リンク

総務省|電気通信番号規則等の一部を改正する省令案に対する意見募集
総務省|高市総務大臣閣議後記者会見の概要(平成29年6月27日)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。