「+675」から始まるパプアニューギニアからの不審な国際電話の着信に注意、ソフトバンクとワイモバイルが注意喚起

ソフトバンクとワイモバイルは、「+675」から始まるパプアニューギニアからの不審な国際電話の着信が確認されているとして、心当たりがない場合は折り返さないよう注意を呼びかけています。

パプアニューギニアへの通話は30秒あたり249円かかるため、通話時間によっては通話料が高額になる恐れがあります。同社は、心当たりがない電話番号からの着信と、その折り返しの発信には十分注意するようアナウンスしています。

今回はソフトバンクとワイモバイルがこのように呼びかけていますが、NTTドコモやau、MVNO各社のユーザーの番号にも電話がかかってくる恐れがあるので、注意が必要です。

関連リンク

「+675」から始まる不審な国際電話の着信に関するご注意 | ソフトバンク
「+675」から始まる不審な国際電話の着信に関するご注意 | ワイモバイル(Y!mobile)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。