mineoがフリータンク引き出し機能を前倒しで開放、九州大雨被災者にはパケット付与

ケイ・オプティコムは、同社のMVNOサービス「mineo」で提供している「フリータンク」のパケット引き出し機能について、2017年7月10日(月)14:30頃から前倒しで開放しました。

パケット引き出し機能は、通常は毎月21日より開放していますが、九州北部で発生した大雨被災者への支援策として、特例で手配したとのことです。

また、災害救助法が適用された地域(7月10日現在、福岡県朝倉市・東峰村・添田町、大分県日田市・中津市)のユーザーに対し、契約プランに関わらずデータ通信容量2GBを付与しました。

関連リンク

【九州北部大雨被災者支援】フリータンク引き出し機能の開放と被害地域のユーザーにパケット付与 | マイネ王

当サイトで紹介したキャンペーンやセールは終了している場合があります。記事の更新日を確認のうえ、詳細については公式サイトや当該サイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。