マイルが貯まるANA Phoneに新端末「AQUOS Xx3 mini」が追加

ソフトバンクグループのSBパートナーズは、全日空(ANA)と提供する携帯電話サービス「ANA Phone」に新端末「AQUOS Xx3 mini」(シャープ製)を追加し、2017年8月1日(火)より販売を開始しました。

「ANA Phone」は、毎月の利用料金に応じてANAマイルが貯まるほか、ANA便に搭乗すると「搭乗ボーナスマイル」が加算され、2年間で最大34,400マイルが貯まるサービスです。

第1弾の「Xperia XZ」に加え、今回第2弾端末として「AQUOS Xx3 mini」が登場しました。

「AQUOS Xx3 mini」(シャープ製)の主な特長

片手でも使いやすいコンパクトなサイズ、多彩な5色から選べるカラーバリエーション

お客様から要望の高いコンパクトなサイズにこだわり、片手でも使いやすいデザインにしました。

また、本体のカラーとしてイエローグリーン、ブラック、ブルー、ピンク、ホワイトの多彩な5色を用意しており、好みのカラーを選べます。

有効画素数約2,100万画素の高画質カメラを搭載、サブカメラはフラッシュ機能を搭載した広角レンズを採用

メインカメラは高画質デジタルカメラのプロであるリコー「GRシリーズ」開発メンバーによる画質認証プログラム「GR certified」を取得した有効画素数約2,100万画素の高画質カメラを搭載。

光学手ブレ補正機能により、遠くにある被写体もくっきりと写すことができます。サブカメラは、有効画素数約800万画素の広角レンズに加え、フラッシュを搭載。高精細な「自撮り」が可能です。

電池残量が少なくなった場合にあらかじめ設定することで動作や機能を一部制限する機能「長エネスイッチ」やお風呂でも使える防水性能を搭載

電池残量が少なくなった場合に動作や機能を一部制限することで、より長く利用できる「長エネスイッチ」を搭載。また、お風呂でも使える防水(IPX5/IPX8)、防じん(IP6X)に対応。

省電力性能に優れ、水ぬれに強いIGZO液晶によって、さまざまな場面で安心して利用できます。

MNP契約で実質10,800円

機種代金は76,320円で、月々の割り引きを差し引くと、新規契約時の実質負担金は18,720円(780円×24ヶ月)、のりかえ(MNP)時の実質負担金は10,800円(450円×24ヶ月)です。

貯まるマイルは加入する料金プランにより異なります。スマ放題と30GBプランに加入すると、登場ボーナスマイルと合わせて2年間で最大34,400マイル貯めることができます。

過去記事 ソフトバンクグループのMVNOからANAマイルが貯まる「ANA Phone」が登場、対象機種は「Xperia XZ」

関連リンク

ANA Phone
マイルが貯まるスマートフォン「ANA Phone」第2弾! | ソフトバンクグループ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。