「ZenFone Zoom S」「ZenFone 3 Max」がAndroid 7.1へアップデート

ASUS JAPANは、同社のAndroidスマートフォン「ZenFone Zoom S」(ZE553KL)と、「ZenFone 3 Max」(ZC553KL)へのAndroid 7.1(Nougat)アップデートを、2017年8月16日(水)午後3時より順次開始すると発表しました。

「ZenFone Zoom S」のカメラアプリでは背景ボケを生かせる撮影モードの「ポートレートモード」が利用可能となるほか、シャッター音変更などを軽微な変更を行っています。

また、「ZenFone 3 Max」では新たに4G+3Gのデュアルスタンバイ(DSDS)に対応します。

両機種ともに、Android 7以降の標準機能である、アプリを2つ同時に画面表示することが可能な「マルチウインドウ機能」や、モバイルデータ通信時のバックグラウンド通信を完全に遮断することが可能な「データセーバー機能」など、多くの新機能が使えるようになります。

▼ZenFone Zoom S(ZE553KL)でのポートレートモードの利用方法

  • カメラアプリを起動し、シャッター右の、人物が二人重なったアイコンをタップすると、画面上に「ポートレート」の文字が表示され、利用可能になります。

▼Android 7.1で利用可能となる主な機能

  • マルチウインドウ機能:マルチタスクボタンを押下後、2画面表示したいアプリを長押しし画面上部へ移動するか、クイック設定から「マルチウインドウ」ボタンの押下で、1つの画面に2つのアプリを表示することが可能です(※機能をサポートするアプリのみ有効)。
  • データセーバー機能:ON/OFFがえらべ、ONにした場合、モバイルデータ通信時のバックグラウンド通信を完全に遮断することが可能になるほか、ユーザー自身の操作によって発生するデータ通信量も節約を行います。この設定はアプリ単位で適用が可能です。
  • 新しいSNSメッセージが届いた際、SNSアプリを開かずとも、通知領域に表示されたお知らせからすぐに返信が可能です。
  • 画面の表示サイズ(DPI)の切替が可能に:画面全体の表示を拡大・縮小することが可能です。
  • 表示言語の切替えや変更をより簡単に:表示言語の切替えが容易になりました。これまですべての言語一覧から目的の言語を探し、選択していたものが、そのひとつ前の階層へ任意の言語を登録でき、すぐに選択が可能です。
  • アプリ単位でマナーモード表示が可能に:新着情報がある際に、通知音・バイブレーションなしで、通知アイコンのみ表示することがアプリごとに設定可能になりました。

ホーム画面に更新通知のメッセージが届いたらアップデートが可能です。アップデートを行うと、元のバージョンに戻すことはできません。

関連リンク

「ZenFone Zoom S (ZE553KL)」のポートレートモード実装と「ZenFone 3 Max (ZC553KL)」のデュアルスタンバイ(4G+3G)実装を含む、Android 7.1への FOTAアップデート開始

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。