モトローラ、デュアルカメラ搭載の全キャリア対応「Moto X4」を10月27日より発売


モトローラ・モビリティ・ジャパンは、SIMロックフリースマートフォン「Moto X4」を2017年10月27日(金)より順次発売すると発表しました。

「Moto X4」は、同社ハイエンドシリーズである「Moto Xファミリー」の第4世代モデルで、ガラスとメタルを組み合わせた筐体に、1,200万画素+800万画素のアウトカメラ、IP68相当の防水、3,000mAhの大容量バッテリーなどを搭載しています。国内全キャリアに対応しています。

「Moto X4」の主な特徴

「Moto X4」の主な特徴は以下の通りです(プレスリリースより)。

  • ガラスとメタルの組み合わせによるスタイリッシュなデザイン。IP68相当の防水機能(※)を搭載
  • 高性能な2.2GHzオクタコアプロセッサー搭載。外部ストレージは最大2TBまで拡張可能
  • 高コントラスト比で色再現性に優れた5.2インチのフルHD IPS液晶、耐久性に優れたCORNING GORILLA GLASSを採用
  • デュアルピクセルオートフォーカス技術を備えた1,200万画素カメラと広角120°の800万画素カメラをメインカメラに採用。「セレクティブ・フォーカス」など、ソフトウェアによる新しい写真加工モードを搭載。また、日常生活に役立つランドマークや物体認識も搭載
  • フロントカメラは、アダプティブ低光量モード付1,600万画素カメラを搭載。光量が少ない場合でも標準のカメラよりも3倍以上明るく、最適な光量で自撮りが可能。また、友人との撮影がさらに楽しめる「パノラマモード」など、多数の機能が充実。
  • ヘッドフォンやスピーカーなど、Bluetooth搭載オーディオデバイスと最大4台まで同時接続が可能
  • スマートフォンやPCで閲覧しているウェブサイトのパスワード認証を指紋センサーで代替可能な「Moto Key」機能など、ソフトウェアとセンサーを組み合わせ、より直感的にユーザーの端末動作をアシストする最新の「Motoエクスペリエンス」を搭載
  • 終日駆動可能(注1)なバッテリー容量3,000mAh
  • 約15分の充電で最長8時間の駆動(注1)が可能な15W Turbo Power充電器を同梱
  • 4KウルトラHD動画録画(フレームレート:30fps)
  • デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)対応
  • 国内の全通信キャリアに対応(2017年10月現在)

(注1)電池は劣化するため記載した電池能力は、新品同様でのパフォーマンスとなります。バッテリー駆動時間は概算であり、使用時間と待受時間の両方を含む標準的な使用環境・状況に基づいています。

※液体による損傷は保証の対象とはなりません。管理された実験条件下で、IP68規格による耐水性、防沫性、および防塵性のテストを受けていますが、通常使用に伴う摩耗により、耐性は低下します。水中での使用には対応していません。高圧の水や真水以外の液体にさらしたり、濡れたスマートフォンを充電したりしないでください。

「Moto X4」の主な仕様

※OSバージョンはAndroid 7.1.1ですが、Android O(8.x)へのアップデートが保証されています。

関連リンク

Moto X4 – Androidスマートフォン(製品情報)
先進のカメラ機能とスタイリッシュなデザインのハイエンドSIMフリースマートフォン、モトローラ「Moto X4」、Moto Zファミリー専用の拡張モジュール「Moto Mods」の新製品2機種の取り扱いを開始

当サイトで紹介したキャンペーンやセールは終了している場合があります。記事の更新日を確認のうえ、詳細については公式サイトや当該サイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。