FREETEL SIM、2018年1月にも「楽天モバイル」ブランドに統合へ

楽天は、本日2017年11月1日(水)付けで「FREETEL」ブランドを展開するプラスワン・マーケティングから国内MVNO事業を継承し、楽天のMVNO事業として140万回線を突破したと発表しました。

また、「FREETEL SIM」などの通信サービスは、2018年1月中を目途に「楽天モバイル」へとブランド統合を予定であると発表しました。

FREETEL SIMのサービス内容・料金・適用中のキャンペーンなどの変更はなく、現ユーザーは手続きや設定変更をすることなく、これまで通りサービスを利用できます。

事業承継対象の通信サービスは以下の通りです。

  • FREETEL SIM(使った分だけ安心プラン、定額プラン)※プレミアムバリュープラン 、スマートコミコミプラン、スマートコミコミ+プランにセットのFREETEL SIMも含む
  • FREETEL SIMに付帯する通話サービス(FREETELでんわ だれでもカケホーダイ)
  • YAMADA SIM PLUS powered by FREETEL
  • ニコニコSIM(仮)powered by FREETEL

関連リンク

楽天のMVNO事業回線数が140万回線を突破 | 楽天株式会社
通信サービスの承継完了および今後のお知らせ | FREETEL(フリーテル)
(※2017年11月1日プラスワン・マーケティング社発表のものであり、その後、修正または変更されている場合があります。)

当サイトで紹介したキャンペーンやセールは終了している場合があります。記事の更新日を確認のうえ、詳細については公式サイトや当該サイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。